「商流」「技術」「専門性」を活用した企業のコスト診断士

海外市場進出サポート

  • HOME »
  • 海外市場進出サポート

北米進出サポート 北米を中心とした海外への進出のサポートをします。
市場開拓・法務サポート・現地インフラサポート・翻訳・IPOサポート

カナダについて
首都はオタワ(オンタリオ州)で最大都市はトロント。人口34,127,000人で世界で2番目に大きい面積の国土を持つ。 2010年のカナダのGDPは1兆5636億ドル(約130兆円)であり、世界第9位である。20世紀初めまで経済の主体は農業だったが、現在では世界有数の先進工業国となった。工業は自動車産業や機械産業が成長し、近年はIT産業が発展してきている。
トロント証券取引所(トロントしょうけんとりひきじょ、英語:Toronto Stock Exchange、TSX)
カナダ最大の証券取引所。世界取引所ランキングで10位以内の取引所であり、約4000社が上場をしており、時価総額は約2兆ドル。現在TMXグループ(TMX Group, Inc)の傘下で、上級証券の取引を主に行う。また同じくTMXグループ傘下に、2001年に買収したベンチャー企業を中心に扱うTSXベンチャー取引所(TSX Venture Exchange、旧カナディアン・ベンチャー取引所、Canadian Venture Exchange)もある。トロントに本部があり、カナダ国内のモントリオール、ウィニペグ、カルガリー、バンクーバーに運営拠点を持つ。
税金:法人25%
時差:バンクーバー16時間 トロント13時間


北米市場への進出メリット

上場に掛かる費用が割安
上場する際に掛かる初期費用・維持費は国内市場に上場する際に比較しても半額以下で割安となっております。


資産の流動化(現金化)が可能
M&Aによる第三者への株式売却と異なり、現在の持分の一部を市場にて売却し、継続的に経営に携わる事が可能です。


M&Aが有利に
M&Aをする際に、より有利な価格にて売却が可能になります。


日本市場への上場も安易に
北米上場を短期間に実現した後に、比較的スムーズに日本の市場にも上場していく事が可能となります。


資金調達が多様化
公募による時価発行増資、新株予約権・新株予約権付社債の発行等、直接金融の道が開かれ、資金調達能力が増大します。


上場会社として知名度が向上
株式市況欄をはじめとする新聞報道等の機会が増えることにより会社の知名度が向上します。また役員・従業員の士気も向上し優秀な人材確保が可能となります。


主なスキーム

北米進出のスキーム
補足情報
<逆さ上場について>
日本では不可。条件の問題ではなく、「不適当な合併等」のことであり、非上場企業が自身より規模の小さい、または経営不振状態の上場企業を買収し、 上場企業を存続会社とした合併を行う、または上場企業と共に株式移転や事業譲渡、会社分割などを実施することで、実質的に非上場企業の経営に取り込まれた状態でありながら上場審査を経ずに上場を維持する行為は規制されている。


<適格合併について>
上記の逆さ合併規制の一環で、『不適当な合併等に係る上場廃止基準は、裏口上場の防止を目的として定められたものであり、上場会社が非上場会社の吸収合併等を行った結果、上場会社に実質的存続性が認められず、かつ一定期間内に新規上場審査に準じた審査に適合しない場合に上場廃止となる』ことが規定されています。 一般的に、上場会社は純資産の1/10までしか適格合併が認められない。カナダには、そのような規制は無い。


<業種について>
北米の投資家に分かりやすい事業である事。日本国内のみで活動をしていても可。

 

本概要は、弊社の事業内容に関する一般的情報の提供を目的とするものにすぎず、特定の案件や事例に関する当社のコミットメントや法的見解等を提供することを目的とするものではありません。
本概要の著作者は、本資料の内容の全部または一部を信頼した結果に基づき生じたいかなる結果に関しても法的責任を負うものではありません。

オフィス・建物・店舗の「コスト削減+」 TEL 03-5859-0123 営業時間 10:00 - 19:00 ( 土・日・祝日除く )

PAGETOP
Copyright © Made in Culture Inc. All Rights Reserved.